DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第91巻 第3号 >

組織の重心:京都セラミックと 松風工業の例を中心に


ファイル 記述 サイズフォーマット
keizai91_3_1.pdf310.13 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 組織の重心:京都セラミックと 松風工業の例を中心に
著者: 林, 徹
著者(別表記) : Hayashi, Toru
発行日: 2011年12月25日
出版者: 長崎大学経済学会 / Economics Society of Nagasaki University
引用: 經營と經濟, vol.91(3), pp.1-22; 2011
抄録: It is true that modern science, typically the Carnegie School, precludes value premises thoroughly. But when it comes to describing the“dynamic equilibrium,”i.e. evolutional change, established scientific methods are not enough. That is why they focus on“what”and “how”but leave“why”black box. Reviewing the two well-known concepts of“field of personal forces”and“zone of indifference”by Chester I. Barnard (1938) critically, we point out that these concepts are useful enough to explain the state of organization equilibrium, but not to its dynamism. Instead, studying the case of startup of Kyocera Corporation, we introduce an alternative concept, that is“the center of the gravity of organizations.”It is the function of aspiration, love, ethos, and time perspective.
キーワード: dynamic equilibrium / field of personal forces / zone of indifference
URI: http://hdl.handle.net/10069/28509
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第91巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/28509

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace