DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第75巻 第2号 >

資産負債中心主義と収益費用中心主義の比較 -FASB概念ステートメント,会社会計基準序説,AAA1957年会計原則-


ファイル 記述 サイズフォーマット
keieikeizai75_02_04.pdf723.23 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 資産負債中心主義と収益費用中心主義の比較 -FASB概念ステートメント,会社会計基準序説,AAA1957年会計原則-
その他のタイトル: Comparison between Asset-and-Liability View and Revenue-and-Expense View
著者: 岡田, 裕正
著者(別表記) : Okada, Hiromasa
発行日: 1995年 9月25日
出版者: 長崎大学経済学会
引用: 経営と経済, 75(2), pp.55-72; 1995
抄録: This paper compares the accounting structures in the FASB Conceptual Statements, the Paton-Littleton's "An Introduction to Corporate Accounting Standards" and the AAA's Accounting Standard in 1957. As many researchers say, FASB's Conceptual Statements has Asset-and-Liability View and Paton-Littleton's monograph has Revenue-and-Expense View. These two have different accounting structure. And this paper also clarifies that the accounting structure of the AAA's standard is placed between Asset-and-Liability View and Revenue-and-Expense View.
URI: http://hdl.handle.net/10069/28945
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第75巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/28945

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace