DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第77巻 第3号 >

世帯構成の変化と家計貯蓄率 核家族を想定した世代重複モデルによるシミュレーション分析 


ファイル 記述 サイズフォーマット
keieikeizai77_03_03.pdf1.35 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 世帯構成の変化と家計貯蓄率 核家族を想定した世代重複モデルによるシミュレーション分析 
その他のタイトル: Household Saving Rate and Family Structure
著者: 堀, 雅博 / 中澤, 信吾 / 菊田, 貴子
著者(別表記) : Hori, Masahiro / Nakazawa, Shingo / Kikuta, Takako
発行日: 1997年12月25日
出版者: 長崎大学経済学会
引用: 経営と経済, 77(3), pp.89-123; 1997
抄録: This paper focuses a well known puzzle in Japanese household saving rate data, i.e., divergence between Family Income and Expenditure Survey (FIES; Kakei Chosa) and National Account Statistics (SNA). Using a life-cycle growth model augmented by a nuclear family structure assumption, this paper argues that the rise in the saving rate of FIES and the fall in that of SNA may be consistently understood by conventional economics. Extrapolation of the model suggests that the SNA saving rate probably continues to decline along with aging; prospect of the FIES rate is uncertain, however, depending on social environments such as soundness of pension funds and family structure.
URI: http://hdl.handle.net/10069/29098
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第77巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29098

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace