DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第80巻 第3号 >

企業環境と企業行動 -シュテーガーの所論を中心として-


ファイル 記述 サイズフォーマット
keieikeizai80_03_05.pdf1.64 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 企業環境と企業行動 -シュテーガーの所論を中心として-
その他のタイトル: Corporate Invironment and Corporate Behavior
著者: 菅家, 正瑞
著者(別表記) : Kanke, Masamitsu
発行日: 2000年12月25日
出版者: 長崎大学経済学会
引用: 経営と経済, 80(3), pp.83-122; 2000
抄録: The modern corporation as an open system must adapt to its environments (i.e. economic, social and natural environments.). It is argued that adaptation to natural environment-environmental preservation-should be one of the most important tasks of the modern corporation. Why the modern corporation, however, should preserve ecological environment? This paper explains why the modern corporation must preserve natural environment, how it must contribute to natural-environmental activities and what kind of relationships exist between the modern corporation and its environments. The modern corporation as an adaptation system to its environments must take this natural-environmental preservation as a chance in its market and make innovation in this field to strengthen business vitality.
URI: http://hdl.handle.net/10069/29186
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第80巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29186

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace