DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教科教育学 > 第52号 >

児童の学習意欲の喚起と授業実践


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoukakyouiku52_11.pdf142.86 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 児童の学習意欲の喚起と授業実践
その他のタイトル: What is important for the physical education practice to motivate student to learn
著者: 橋本, 健夫 / 川越, 明日香 / 谷山, 麻香
著者(別表記) : Hashimoto, Tateo / Kawagoe, Asuka / Taniyama, Asaka
発行日: 2012年 3月 1日
出版者: 長崎大学教育学部 / Faculty of Education, Nagasaki University
引用: 長崎大学教育学部紀要:教科教育学, 52, pp.11-19; 2012
抄録: Japanese society became affluent as the nation's economy grows. It brings diversification of values among the people and the diversification of value brings individuality. It affects school education in Japan since teachers are forced to respond the individuality in education practice. Especially, it is very important issue for teachers to increase the student's desire to learn because student's motivation for learning is qualitatively and quantitatively different. This research focused on physical education class, and investigated student's attitudes toward the class to find out factors to affect their desire to learn. Physical education class usually divided student's attitude into two extreme of likes and dislikes. The result showed that student who exhibit positive attitude had sense of asset in exercise. / 経済の発展とともに社会は裕福になり,様々な価値観が存在するようになった。この価値観の多様化は学校教育に大きな影響を与えている。それは,個の多様化を意味し,彼ら一人一人に対応する教育の実践は,教員にとって多大な努力を要求する結果となっている。 特に,多様なニーズを持つ児童の学習意欲の喚起は重要な課題の一つである。 本研究では,得意な児童と苦手な児童の二極化が進んでいるとされる小学校の体育の授業を取り上げ,彼らの学習意欲に影響を及ぼす要因を明らかにするために,児童の体育の授業に対する意識を調査し,分析した。その結果,彼ら自身の運動有能感が体育の授業への積極性に大きな影響を与えていることが明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/29257
ISSN: 13451383
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第52号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29257

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace