DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第82巻 第1号 >

為替レートのボラティリティと情報変数:超高頻度観測データによる検証


ファイル 記述 サイズフォーマット
keieikeizai82_01_07.pdf675.64 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 為替レートのボラティリティと情報変数:超高頻度観測データによる検証
その他のタイトル: Foreign Exchange Rate Volatility and Information Inflow: Empirical Test with ultra-High-Frequency Data
著者: 須齋, 正幸 / 森保, 洋
著者(別表記) : Susai, Masayuki / Moriyasu, Hiroshi / 須斎, 正幸
発行日: 2002年 6月25日
出版者: 長崎大学経済学会
引用: 経営と経済, 82(1), pp.155-171; 2002
抄録: We examine how information inflow into Yen / Dollar market affects foreign exchange rate volatility through the estimation of the GARCH with information variable model. Since information inflow cannot be ob-served directly, we contrive the two types of proxy from our Ultra-High-Frequency data set; the number of quotes and the number of headline news in a given time period. The ARCH effect in conditional variance equation can be reduced when we incorporate the information inflow proxies into the GARCH model. Our findings show the volatility pattern of Yen / Dollar rate might be partly generated by information inflow, especially by the number of quotes. This result provides empirical support for the mixture of distribution hypothesis.
キーワード: Foreign exchange market / Ultra-high-frequency data / ARCH model
URI: http://hdl.handle.net/10069/29274
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第82巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29274

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace