DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第24巻 第2号 >

人工呼吸器を装着した患者の呼吸と嚥下の協調性に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn24_2_25.pdf396.71 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 人工呼吸器を装着した患者の呼吸と嚥下の協調性に関する研究
その他のタイトル: Breathing-swallowing coordination in patients on ventilators
著者: 植田, 友貴 / 東嶋, 美佐子
著者(別表記) : Ueda, Tomotaka / Higashijima, Misako
発行日: 2012年 9月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 24(2), pp.25-29; 2012
抄録: 気管切開をして人工呼吸器装着下での呼吸と嚥下の協調性ついて胸郭拡張のタイミングと嚥下音を分析し検討した.  対象は人工呼吸器を装着している筋強直性ジストロフィー患者 2 名,筋萎縮性側索硬化症患者 1 名であった.  方法はゼリー4ccを患者の良いタイミングで嚥下させ,その際の波形データを記録し,得られたデータを,吸気中嚥下,呼気中嚥下,休止期嚥下の 3 つに分類した.  結果は 3 症例ともに休止期嚥下が最も多く68 ~ 88%を占めていた.このことから人工呼吸器を装着した患者においても呼吸と嚥下の関連性の存在は示唆された.  さらに,吸気中及び呼気中の嚥下が14%~ 31%確認された.吸気中及び呼気中の嚥下は人工呼吸器装着患者に特徴的な嚥下パターンと考えられ,嚥下パターンの乱れによる誤嚥の可能性なども危惧された. / The aim of this study was to examine the state of coordination between breathing and swallowing in the patients who underwent tracheostomy and mechanically ventilated. We analyzed results of both the respiratory chest expansion timing and the swallowing sound recorded.  This study enrolled two patients with myotonic dystrophy and one with amyotrophic lateral sclerosis, who were on ventilators.  We achieved wave patterns of the subjects swallowed 4cc of jelly at their spontaneous timing. Subsequently, the data obtained was classified into three categories; inspiratory phase swallowing, expiratory phase swallowing, and swallowing at pauses.  The result demonstrated that highest onset of the swallowing at pauses appeared in all subjects, which ranged from 68 to 88%.  In conclusion, the subjects with mechanical ventilation, there may be a certain pattern of characteristic in timing between the breathing and the swallowing.  Furthermore, it was confirmed 14% to 31% during out of inspiratory phase swallowing and expiratory phase swallowing.  It was thought with a swallowing pattern to be characteristic of the respirator insertion patient at the time of inspiratory phase swallowing and expiratory phase swallowing, and possibility of aspiration by aberration of a swallowing pattern was felt uneasy about.
キーワード: 嚥下 / 人工呼吸器 / swallowing / mechanical ventilator
URI: http://hdl.handle.net/10069/29322
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第24巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29322

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace