DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第92巻 第1-2号 >

Hamilton and Sultsky (1990) 定理8をめぐる論点


ファイル 記述 サイズフォーマット
Keizai92_1_173.pdf101.04 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Hamilton and Sultsky (1990) 定理8をめぐる論点
その他のタイトル: A Consideration to Theorem 8 in Hamilton and Sultsky (1990)
著者: 村田, 省三
著者(別表記) : Murata, Shozo
発行日: 2012年 9月25日
出版者: 長崎大学経済学会 / Economics Society of Nagasaki University
引用: 經營と經濟, 92(1-2), pp.173-180; 2012
抄録: In this paper, we reconsider the two person commitment game of Theorem 8 in Hamilton and Sultsky (1990),and point out that there must be simultaneous move Nash equilibria in this commitment game. This equilibria does not deleted by some dominant strategy. Simultaneous move Nash equilibrium is not dominated by the waiting strategy in the two person commitment game. Therefore, the experimental evidence obtained in Fonseca et al (2006) is not contradiction. Simultaneous move Nash equilibrium will appear most frequently.
記述: 是枝正啓教授、内田滋教授定年退職記念号 / In Honour of Prof. Masahiro Koreeda and Prof. Shigeru Uchida
キーワード: commitment game / simultaneous move equilibria / undominated strategy
URI: http://hdl.handle.net/10069/29504
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第92巻 第1-2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29504

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace