DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

光学的全視野ひずみ計測法を用いた応力解放法によるプレテンションPC桁の現有作用応力測定


ファイル 記述 サイズフォーマット
JSEM11_209.pdf1.17 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 光学的全視野ひずみ計測法を用いた応力解放法によるプレテンションPC桁の現有作用応力測定
その他のタイトル: A Measurement of Existing Action Stress of Pre-tension Concrete Beam by Full-field Optical Measurement Method and Stress Release Technique
著者: 出水, 享 / 松田, 浩 / 伊藤, 幸広 / 内野, 正和 / 肥田, 研一 / 岡本, 卓慈
著者(別表記) : Demizu, Akira / Matsuda, Hiroshi / Ito, Yukihiro / Uchino, Masakazu / Hida, Kenichi / Okamoto, Takuji
発行日: 2011年 9月28日
出版者: 日本実験力学会 / The Japanese Society for Experimental Mechanics
引用: 実験力学, 11(3), pp.209-214; 2011
抄録: A decrease of pre-stress is greatly influenced the load carrying capacity immediately and leads to the decrease in safety in the pre-stressed concrete (PC) structure. It is necessary to know existing action stress accurately to maintain the PC structure . In this study, new existing action stress measurement technique was developed by the digital image correlation method and stress relief technique and the proving test of a developed method was done by using pre-tension concrete beam. Results, existing action stress was able to be measured in high accuracy.
キーワード: Pre-stressed Concrete / Existing Action Stress / Digital Image Correlation Method / Stress Release Technique
URI: http://hdl.handle.net/10069/29638
ISSN: 13464930
権利: © 2011 日本実験力学会 / 利用は著作権の範囲内に限られる
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29638

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace