DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第77号 >

漂流葉書によって観測された九州西方海域を北上する流れについて


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan77_103.pdf337.82 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 漂流葉書によって観測された九州西方海域を北上する流れについて
その他のタイトル: Northward Current West of Kyushu Observed by Drift Cards
著者: 松野, 健 / 方, 益燦 / 柳, 哲雄 / 吉村, 浩 / 秋重, 祐章
著者(別表記) : Matsuno, Takeshi / Pang, Ig-Chan / Yanagi, Tetsuo / Yoshimura, Hiroshi / Akishige, Yusho
発行日: 1996年 3月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.77, pp.103-106; 1996
抄録: The behavior of Tsushima Current west of Kyushu has not been clear, though many researchers have discussed about that problem.We tried to get some information about Tsushima Current west of Kyushu by means of drift cards and intensive observation by CTD cast. Drift cards released along the line of 30.5゜N west of Kyushu were recovered around the western area of Japan with 5% recovery rate. It suggests northward current west of Kyushu with around 20 cm/s current speed. The intensive observations of temperature and salinity gave significant geostrophic northward flow in the area south of Cheju island. It may be caused by distinct difference of water mass characteristics between Yellow Sea Bottom Cold Water and Tsushima Current Water. / 九州西方海域における対馬海流の挙動については、多くの研究者が議論しているが、まだよく分かっていない。われわれは、漂流葉書と、CTDによる集中観測によって、九州西方域の対馬海流に関する情報を得ることを試みた。漂流葉書は北緯30.5度上に沿って投入され、そのうちの5%が、西日本の沿岸を中心に回収された。その結果、九州西方で、20cm/s前後の北上流のあることが示唆された。一方、CTDによる集中観測からは、済州島南方海域で、明瞭な北向きの地衡流成分が求められ、それは黄海底層冷水と対馬海流水との水塊の相違によるものである可能性が考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10069/29734
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第77号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29734

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace