DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第76号 >

細菌培養液におけるアデノシンリン酸の分析法の検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan76_007.pdf788.84 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 細菌培養液におけるアデノシンリン酸の分析法の検討
その他のタイトル: Methodology for adenosine phosphate determinations in bacterial culture.
著者: Welly, Mewengkan Hanny / 石本, 亮 / 笠間, 憲太郎 / 森井, 秀昭
著者(別表記) : Welly, M.H. / Ishimoto, Ryo / Kasama, Kentaro / Morii, Hideaki
発行日: 1995年 3月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.76, pp.7-14; 1995
抄録: Method for determination of adenosine phosphates in environmental samples by Karl & Holm-Hansen was reexamined. The results are as follows: 1) It is desirable that the sample for ATP determination which is put in proper quantity in a glass vial of the ATP photometer (Labo science, TD-4000) is determined by injecting luciferase reagent from the silinge of the photometer and that the light emitted in ATP determination is assayed by peak light emission. 2) It is necessary that commercial pyruvate kinase and myokinase (adenylate kinase)preparations for conversions of ADP and AMP to ATP are dialyzed for 5 h and that the myokinase after dialysis is immediately used because of the lability. 3) The conversions of ADP and AMP to ATP needed incubation at 30℃ for 30 min. 4) It was able to determine AMP in substituting ADP for ATP which needs for AMP determination. 5) The light emitted in ATP determination decreased with increase of concentration of sea water in samples but the strength of the light emission was proportional to the concentration of ATP at the same concentration of sea water. 6) The conversions of ADP and AMP to ATP were not prevented in sea water samples of adenosine phosphates. 7) Some commercial beef extract contained considerable amount of AMP. 8) Adenosine phosphate concentrations were not able to determine correctly by using cells in bacterial culture. 9) In adenosine phosphate determinations by using the whole of bacterial culture, it is necessary that the analysis is immediately carried out after incubation and that the sampling from the culture define the point of it. 10) It was able to exactly and rapidly determine adenosine phosphates by calibration with standard solution of adenosine phosphates. / Kar1&Holm-Hansen^1)によるアデノシンリン酸の分析法と細菌培養液における同物質量の測定法を検討し,次の結果を得た。1)ATPの分析に際しては,ATP試料は測定機器のキ ューベット側に適量を入れ,蛍光強度はピークの高さから求めることが望ましい。2)ADPおよびAMP量の測定に使用する市販のピルベイトキナーゼとミオキナーゼは約5時間の透析が必要であり,また透析後のミオキナーゼは活性の低下が速やかで,透析後は直ちに使用する必要がある。3)ADPおよびAMPをATPに転換するには30℃ で30分反応する必要がある。4)AMPの分析に必要とされるATPは,ADPを用いても測定が可能であった。5)培地の海水濃度の増加に伴い,ATP測定に伴う蛍光の強度は低下したが,同濃度の海水ではアデノシンリン酸量と測定値は正の相関を示した。6)ADPおよびAMPからATPへの転換は海水試料でも影響はないと考えられた。7)培地成分の牛肉エキスには,特にAMPが多く含まれ るものがあった。8)培養液のアデノシンリン酸量を測定するについては,菌体を用いる測定では正しい値を得ることができなかった。9)培養液全体を用いる測定でも,培養液の部分リ培養後に培養温度と異なる温度環境に置くことで測定値が著しく異なった。10)以上の点を考慮し,また測定に際しては各アデノシンリン酸の標準物質を用いることで,迅速に正確に分析することができる
キーワード: アデノシンリン酸の測定 / adenosine phosphate determinations / 蛍光 / luminescence / 細菌培養液 / bacterial culture
URI: http://hdl.handle.net/10069/29790
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第76号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29790

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace