DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第74,75号 >

陸上基地局と移動局間の4800bpsおよび9600bpsによる高速データ伝送実験


File Description SizeFormat
suisan74-75_009.pdf811.48 kBAdobe PDFView/Open

Title: 陸上基地局と移動局間の4800bpsおよび9600bpsによる高速データ伝送実験
Other Titles: The Experiment of High-Speed Data Transfer on 4800bps and 9600bps between Land Base Station and Land Mobile Station
Authors: 小妻, 勝 / 高山, 久明 / 山口, 恭弘
Authors (alternative): Kozuma, Masaru / Takayama, Hisaaki / Yamaguchi, Yasuhiro
Issue Date: Dec-1993
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.74・75, pp.9-19; 1993
Abstract: Recently, the necessity of exchange information by a radio line between a land base station and mobile station is increasing to improve efficiency of business. The data transmission used by a radio line has the merit that the information sent from a moving station can be received directly and quickly. An electric wave, however, is apt to be influenced by own quality and the condition of atmosphere. Since the radio channel numbers are also limited, the transferring speed should be as quick as possible. Thus, this experiment was carried out by using an amateur radio dual transceiver of 144MHz and 430MHz band, CCITT V.42 bis MODEM with 4800bps and 9600bps. We were able to exchange the information between the land base station and mobile station by radio line using English and Japanese character files, NOAA APT files and MSDOS exec. files. Although the distance between one station and another is only 5km in this experiment, we were able to get excellent result in case of transferring speed 9600bps. If the antenna of land base station is located at suitable position, a zone of communication can be expanded. / 移動局でのデータ伝送は,現在携帯電話を用いて2400bpsの通信速度で行われているがまだ一般的でない。また,このような携帯電話は有線回線と異なり電波を使用しているためチャンネル数に限りがある。今回の実験では,アマチュア無線用トランシーバを使用して電波法で定められた電波の周波数帯の範囲内でccITTv.42bisモデムを使用して種々のデータファイルについて高速データ実験を試 み,このような移動局とのデータ伝送の可能性を検討したこの結果,実験を行った長崎県では他県にくらべ当該周波数帯の使用頻度が低く,そのため混信による影響をほとんど受けることなく有線回線使用時と同様の感覚で和文平文,欧文平文,NOAA画像データファイルおよびMS-DOSexec .ファイルを双方向でデータ伝送ができることが判った。また,伝送速度については4800bpsより9600bpsが,ファイルについては非圧縮ファイルより圧縮ファイルの方が有線使用の場合と同様により効率的であることが判った。さらにこのようなデータの伝達方式は,一般の公衆携帯電話と異なり復信用のトランシーバを持つことにより電話料金がかからないという利点もある。また,実験に使用した周波数帯は理論的には可視距離伝搬であり伝達距離が比較的短い。しかし,このような可視距離伝搬の周波数帯であっても電波の混信を受けない周波数帯を用いて,基地局をなるべく標高の高い山などに設置するかアマチュア無線と同様にレピーターなどを設置することで,サービスエリアを拡大することが可能と思われる。なお,今回の実験では基地局のロケーションの関係で通信距離は約5kmであった。
Keywords: 陸上基地局 / Land base station / 陸上移動局 / Land mobile station / データ伝送 / Data transmission / 無線回線 / Radio line / モデム / MODEM
URI: http://hdl.handle.net/10069/29800
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第74,75号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/29800

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace