DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

長期化・大規模化した雲仙普賢岳の火山災害におけるライフラインの被害と復旧に関する調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
dbk549_261.pdf9.62 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長期化・大規模化した雲仙普賢岳の火山災害におけるライフラインの被害と復旧に関する調査
その他のタイトル: DAMAGE AND RESTORATION OF LIFELINE SYSTEMS TO PROLONGED AND ENLARGED VOLCANIC DISASTER OF MT. FUGEN IN UNZEN
著者: 高橋, 和雄 / 藤井, 真
著者(別表記) : Takahashi, Kazuo / Fujii, Makoto
発行日: 1996年10月
出版者: 土木学会 / Japan Society of Civil Engineers
引用: 土木学会論文集, 549, pp.261-276; 1996
抄録: 長期化・大規模化した雲仙普賢岳災害の火山災害における電力, 都市ガス, 上水道および電気通信のライフラインの災害事前対策, 応急・緊急対策および垣久対策を述べる. 火山災害時におけるライフラインの防災, 安全対策, 供給停止および再開に向けての課題および継続災害中における復旧計画のあり方を実態調査に基づいて明らかにした. 特に, 今回の噴火災害において警戒区域の設定, 解除にあたって考慮されなかったライフライン施設の管理・再開のプロセスについての課題を詳述する. / The volcanic disaster of Mt. Fugen in Unzen erupted November 17th 1990 are prolonged and enlarged more than four years. Disaster prevention officials of lifeline systems, recognized the danger of the mountain eruption and considered a counterplan to protect their facilities. They also considered emergency and permanent restoration plans after debris flows and pyroclastic flows attacked their facilities. In this paper, emergency counter plan, damage and both temporary and permanent restoration plans of lifeline systems to volcanic disaster of Mt. Unzen are reported and discussed. Problems which now have to be solved as well as some lessons to be learned are also explained.
キーワード: lifeline systems / volcanic disaster / off-limit area / pyroclastic flow / restoration plan
URI: http://hdl.handle.net/10069/29820
ISSN: 02897806
DOI: 10.2208/jscej.1996.549_261
権利: Copyright © 社団法人 土木学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29820

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace