DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

雲仙普賢岳の火山災害における情報伝達および避難対策


ファイル 記述 サイズフォーマット
dbk567_33.pdf3.79 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 雲仙普賢岳の火山災害における情報伝達および避難対策
その他のタイトル: DISSEMINATION OF INFORMATION AND EVACUATION PLAN IN VOLCANIC DISASTER OF MT. FUGEN IN UNZEN
著者: 高橋, 和雄 / 藤井, 真
著者(別表記) : Takahashi, Kazuo / Fujii, Makoto
発行日: 1997年 6月
出版者: 土木学会 / Japan Society of Civil Engineers
引用: 土木学会論文集, 567, pp.33-52; 1997
抄録: 雲仙普賢岳の火山災害では, 当初198年前の寛政の噴火当時に生じた眉山の崩壊を警戒した避難計画が策定された. 今回の災害では土石流および火砕流が頻発したため, これらの発生に備えた避難対策や博報伝達体制が導入された. しかし, 火山噴火災害の事例が少ないこともあって, 避難対策および博報伝達体制に数多くの課題が生じた. 本報告では, 雲仙普賢岳の火山災害における情報伝達体制および住民の避難対策を詳細に調査した結果をまとめる. / Mt. Fugen in Unzen erupted on November 17th 1990 after 198 years silence. Local governments organized their departments to cope with situations such as mountain collapsing, debris flows and pyroclastic flows. The Meteorological Agency, universities and local governments set up monitoring and warning systems to volcanic activities of Mt. Fugen in Unzen. In this paper, the local government's risk management, monitoring and warning systems, evacuation plans and transmission system for warnings are investigated and discussed in detail.
キーワード: volcanic disaster / debris flow / pyroclastic flow / dissemination of information / evacuation plan
URI: http://hdl.handle.net/10069/29823
ISSN: 02897806
DOI: 10.2208/jscej.1997.567_33
権利: Copyright © 社団法人 土木学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29823

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace