DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第72号 >

船舶におけるパ-ソナルコンピュ-タを利用したネットワ-ク構築におけるモデムの評価実験


File Description SizeFormat
suisan72_011.pdf1.18 MBAdobe PDFView/Open

Title: 船舶におけるパ-ソナルコンピュ-タを利用したネットワ-ク構築におけるモデムの評価実験
Other Titles: Onboard Communication Network System Using a Personal Computer : An Experiment of MODEM
Authors: 小妻, 勝 / 高山, 久明 / 山口, 恭弘
Authors (alternative): Kozuma, Masaru / Takayama, Hisaaki / Yamaguchi, Yasuhiro
Issue Date: Aug-1992
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.72, pp.1-7; 1992
Abstract: In the present study we experimented CCITT V. 42bis MODEM by utilizing the voice line of the INMARSAT and the ordinate telephone line to send image data files as it costs more expensive to send by MODEM port speed 2400 bps. In this experiment we could only sent the experimental data by 4800 bps speed as INMARSAT did not work with 9600 bps. The throughput of MODEM port speed 4800 bps was 3.5~4.4 times faster for none compression files and 3.7~6.5 times faster for compression files than none protocol 2400 bps. The experiments on land voice line with 9600 bps were also 6.8~7.3 times faster for the former type of files and 7.5~12.7 times faster for the latter type of files. The cost of communication is inversely proportional to MODEM throughput. So, it is prefer to select 4800 bps with MODEM port speed for INMARSAT line and 9600 bps for land to land line to decrease the cost of communication. / 現在の陸上公衆回線で使用されているモデムの最高通信速度は9600bpsである。一般に2線式モデムでは,海事衛星においては2400bpsが使用されている。通信時間の短縮は,海事衛星では回線数が少なくラッシュ時,即時のアクセスが不能な時間帯を生じつつある。これらのことから限られた電波資源を有効に活用するためには短時間で大量のデータを処理する手法が必要である。今回のデータの伝送実験は,陸上局にパソコンホスト局を設置し実施した。海事衛星電話回線の質から見て当初予測した通り,4800bpsの速度が通信可能な上限で,9600bpsは使用できないことが確認できた。この4800bpsを用いた場合,通信コストは陸上回線間で約1/4,陸船の海事衛星回線間で1/2以上節約されることになる。文字データについては,単純に計算しても480字/秒のデータをエラーフリーで陸船間で処理出来る。また,実際にはこの3倍程度の実効速度で伝送されるからTSS活用の際も焦燥感はないと思う。その他,陸上のホスト局と海上移動局の各種のデータ伝送が確実に実行できたことも今回の成果の一つであった。
Keywords: 実効速度 / throughput / 通信効率 / communication efficiency / 海事衛星 / INMARSAT / モデム / MODEM
URI: http://hdl.handle.net/10069/29857
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第72号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/29857

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace