DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第70号 >

Settlement of Larval Japanese Flounder (Paralichthys olivaceus) along Yanagihama Beach, Nagasaki Prefecture


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan70_012.pdf490.92 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Settlement of Larval Japanese Flounder (Paralichthys olivaceus) along Yanagihama Beach, Nagasaki Prefecture
その他のタイトル: 長崎県柳浜におけるヒラメ仔魚の着底
著者: Amarullah, Muhammad Husni / Subiyanto / Noichi, Tetsuhisa / Shigemitsu, Kei / Tamamoto, Yasuyuki / Senta, Tetsushi
著者(別表記) : AMARULLAH, M. / スビヤンド / 乃一, 哲久 / 重光, 啓 / 玉本, 泰之 / 千田, 哲資
発行日: 1991年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.70, pp.7-12; 1991
抄録: The settlement of larval Japanese flounder following metamorphosis was studied along the shore line of Yanagihama beach, Nagasaki Prefecture in 1988 and 1989. A total of 1,995 metamorphosing larvae and metamorphosed juveniles, 8.1-61.2mm with the modal size between 10-13 mm SL, were collected. The size at metamorphosis seemed to decrease with rising water temperature. The settlement started in early March and lasted until early June, with the peak in mid-April. More larvae were collected by night and on neap-tide days. / 1988年から1989年の間に長崎県西彼杵半島に位置する大瀬戸町柳浜より1995個体(8.1-61.2mm SL)のヒラメ仔稚魚を得た。仔稚魚の発育段階は変態途中のものから既に完了しているものまであったが,体長のモードは10-13mmの間に見られ,大半は着底直後と思われる,仔魚から稚魚への移行期の個体であった。当浜におけるヒラメ仔魚の着底は3月上旬に始まり,4月中旬にピークをむかえ,6月上旬まで続く。この間,水温の上昇に伴い仔魚の変態体長が小さくなる傾向が見られた。着底後の仔稚魚は大潮干潮線付近に濃密に分布し,採集個体数は小潮日の夜間に多かった。
キーワード: Paralichthys olivaceus / settlement / sandy beach ichthyofauna
URI: http://hdl.handle.net/10069/29874
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第70号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/29874

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace