DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Articles in academic journal >

医療・介護関連肺炎(NHCAP)ガイドライン


File Description SizeFormat
NNGZ101_787.pdf2.03 MBAdobe PDFView/Open

Title: 医療・介護関連肺炎(NHCAP)ガイドライン
Other Titles: [The cutting-edge of medicine; Japanese new guidelines for nursing and healthcare-associated pneumonia].
Authors: 今村, 圭文 / 河野, 茂
Authors (alternative): Imamura, Yoshifumi / Kohno, Shigeru
Issue Date: 10-Mar-2012
Publisher: 日本内科学会 / The Japanese Society of Internal Medicine
Citation: 日本内科学会雑誌, 101(3), pp.787-794; 2012
Abstract: 日本人の死因の第3位である肺炎は, 過去30年間以上にわたって死亡率が増加しており, 近い将来死因の第3位となることが危恨されている. 肺炎による死亡が増加している原因は, 急速に進む高齢化と, 高度に進歩した医療自体にあると考えられる. このような状況の中, 従来の市中肺炎(CAP), 院内肺炎(HAP)診療ガイドラインでは対応が難しい, 介護や医療ケアに関連する肺炎が近年増加している. そこで日本呼吸器学会より,新しく医療・介護関連肺炎(NHCAP)ガイドラインが作成された. NHCAPには「難治性・再燃性で予後不良の肺炎」と, 「耐性薗による肺炎」の2つの大きなタイプが存在する. 重症度や耐性菌リスクの面では, CAPとHAPの中間に位置している. 治療に関しては, 「治療区分」が新しく設定され, 肺炎の重症度だけでなく患者背景をよく考慮して, 治療方針を決定する. NHCAPで多い誤嚥性肺炎の予防には, 口腔ケアが有効である. また, インフルエンザワクチン, 肺炎球菌ワクチン両者の接種が推奨される.
Keywords: NHCAP / 肺炎 / ガイドライン / 治療区分
URI: http://hdl.handle.net/10069/29934
ISSN: 00215384
PubMed ID: 22620056
Rights: ©日本内科学会
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/29934

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace