DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

連続中空合成床版橋の支承削減に関する解析的検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
JSE56A_999.pdf1.33 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 連続中空合成床版橋の支承削減に関する解析的検討
その他のタイトル: Analytical study on reducing number of bearings of continuous composite hollow slab bridges
著者: 中村, 聖三 / 松本, 幸久 / 高橋, 和雄 / 熊野, 拓志 / 小島, 実
著者(別表記) : Nakamura, Shozo / Matsumoto, Hisayuki / Takahashi, Kazuo / Kumano, Takuji / Kojima, Minoru
発行日: 2010年 3月
出版者: 土木学会 / Japan Society of Civil Engineers
引用: 構造工学論文集, 56A, pp.999-1006; 2010
抄録: Composite slab bridges have been widely adopted and have growing needs for continuous bridges because of their low girder height. The supports of continuous composite slab bridges should have more complicated structures and require wider space, compared to those of simply supported bridges. Thus, it is difficult to place a bearing under each main girder, as in constructing a simply supported bridge, when it has relatively short intervals between girders. In this study, the possibility of reducing number of bearings is evaluated by a series of three-dimensional finite element analyses.
キーワード: composite slab bridge / support / filling concrete / 3D finite element analysis / 合成床版橋 / 支承 / 打下しコンクリート / 3次元有限要素解析
URI: http://hdl.handle.net/10069/30052
権利: © 2010 社団法人 土木学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30052

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace