DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

鋼アーチ橋の安定に関する各国の設計基準比較


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCS19_273.pdf516.38 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 鋼アーチ橋の安定に関する各国の設計基準比較
その他のタイトル: Comparison between multinational criteria for stability of steel arch bridges
著者: 陳, 康明 / 中村, 聖三 / 高橋, 和雄
著者(別表記) : Chen, KangMing / Nakamura, Shozo / Takahashi, Kazuo
発行日: 2011年11月
出版者: 日本鋼構造協会 / Japanese Society of Steel Construction
引用: 鋼構造年次論文報告集, 19, pp.273-280; 2011
抄録: Multinational criteria for stability of steel arach bridge were analyzed, Inadequacies of criteria were discussed briefly. According to multinational criteria, the influence of rise to span ratio on in-plane critical flexure load, and rise to span ratio, the ratio γ of the length of the arch part stiffened by lateral baraces to the total length of the arch rib and arch rib spacing affecting on the out-of-plane critical flexure load were studied by employing a steel arch bridge. The results show that due to the different assumptions in multinational criteria, the parameters of rise to span ratio, γ-value and arch rib spacing has different influence on in-plane and out-of-plane critical flexure load, respectively.
キーワード: 設計基準比較 / 鋼アーチ橋 / 面内耐力 / 面外耐力 / Multinational codes comparison / Steel arch bridge / In-plane critical flexure load / Out-of-plane critical flezure load
URI: http://hdl.handle.net/10069/30115
ISSN: 18815367
権利: © 日本鋼構造協会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30115

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace