DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第65号 >

The percophidid Matsubaraea setouchiensis from the Fukiagehama beach, south-western Kyushu


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan65_001.pdf617.98 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: The percophidid Matsubaraea setouchiensis from the Fukiagehama beach, south-western Kyushu
その他のタイトル: 九州南西岸,吹上浜で採集されたマツバラトラギス
著者: Senta, Tetsushi / Noichi, Tetsuhisa / Shigemitsu, Kei
著者(別表記) : 千田, 哲資 / 乃一, 哲久 / 重光, 啓
発行日: 1989年 3月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.65, pp.1-8; 1989
抄録: Nineteen specimens of Matsubaraea setouchiensis, Percophididae, were collected from sandy beaches of Fukiagehama, south-western Kyushu. The illustration of the holotype of the species by Taki (1953), which has been cited in many books, was found to be erroneous in the shape of the second dorsal fin in which the median rays are shorter than others. They inhabit the waters of wading depth mostly burrowing in sandy bottoms, where they can merge into the bottom sand because of their color pattern. In an aquarium, they exhibit a life style of an infaunal benthos rather than that of a nekton. / 従来瀬戸内海と土佐湾,およびシャム湾西岸のある砂浜海岸のみから知られていたホカケトラギス科の魚マツバラトラギスが鹿児島県の吹上浜に普通に生息することが発見された。瀧(1953)の原記載に付けられている本種の図では第2背鰭条はすべて殆ど等長に描かれており,この図はそのまま多くの著者により引用されているが,実際には中央部の鰭条はそれらの前後のものより短い。この魚はいつもは砂に潜っていて、餌をとるときに瞬間的に砂から泳ぎ出す。砂に潜るには,砂上に腹ばった姿勢から体を左右に揺すって潜るのと頭から突っ込むのと二通りの方法がある。地色は黄白色で,頭部背面と背部の各鱗列の上下の縁に淡灰茶色の色素が分布して小斑点を形成しており,時折この魚が体の前部のみを砂の上に出していても砂に紛れてよほど気をつけぬと所在を認め難い。鰓蓋部は黄金色の輝きを帯びた銀色で,馴れた目にはかなり目立つ。
キーワード: a percophidid, Matsubaraea setouchiensis / new locality / Fukiagehama / fauna of sandy beach
URI: http://hdl.handle.net/10069/30124
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第65号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30124

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace