DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第54号 >

Studies on the Underwater Sound―VIII Acoustical behavior of clownfishes (Amphiprion spp.)


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan54_021.pdf3.31 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Studies on the Underwater Sound―VIII Acoustical behavior of clownfishes (Amphiprion spp.)
その他のタイトル: 水中音の研究-8 : クマノミ属魚類の音響生態について
著者: 竹村, 暘
著者(別表記) : Takemura, Akira
発行日: 1983年 2月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.54, pp.21-27; 1983
抄録: The acoustical behavior of seven species of clownfishes (Pomacentridae) bred in the tanks at Hubbs Sea World Research Institute was observed. Each specimen emitted some sounds composed of a pulse or a series of pulse sounds. These sounds were divided into three categories by their frequency components and, among of these species, some differences were found out. Each sound was relatively vigorous. The fish was utilizing these sounds for protecting their territory on their life, especially by some activities related with spawning or threat. / Hubbs Sea World Research Instituteで飼育中のクマノミ属の魚類7種類の音響生態を調査した.各種ともパルス音又は一連のパルス音を発するが,これらの発生音は周波数成分によって大きく3つのカテゴリーに分類され,種により幾分相違点が観察された.発生音はかなり強い音であり,主にテリトリーを守るため威嚇や産卵時の行動中に聞かれる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/30420
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第54号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30420

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace