DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第54号 >

Electron Microscopic Study on the Spermatogenesis of Chimaera, Chimaera phantasma


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan54_035.pdf25.2 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Electron Microscopic Study on the Spermatogenesis of Chimaera, Chimaera phantasma
その他のタイトル: ギンザメChimaera phantasmaの精子形成について
著者: Takemura, Akira / Hara, Masako / Mizue, Kazuhiro / Malagrino, Giovanni
著者(別表記) : 竹村, 暘 / 原, 政子 / 水江, 一弘 / マラグリーノ, ジォバニ
発行日: 1983年 2月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.54, pp.35-54; 1983
抄録: Comparing with the fine structure of spermatogenic cell of selachians and oter vertebrates, that of the chimaera was observed with light and electron microscopes. The origin of chimaera testis differed essentially from that of selachians. However the chimaera had many resemblances to the selachians in the formation of the spermatozoon, except for the following two points; first, the X organ and the axial midpiece rod of the neck were amorphous and, second, there was only one accessory on the tail flagellum. / ギンザメの精細胞の微細構造について,板鰓類並びに他の脊椎動物のそれと比較しながら,電子顕微鏡的観察を行った.精巣の起源は板鰓類のそれとは全く異なる.精子の形態は次の二点を除いて板鰓類とは多くの類似点を有する.すなわち,その相違点とは,頸部のXorganとaxial midpiece rodのいずれもが無構造であること,および尾部のアクセサリーが一つしかないことである.
URI: http://hdl.handle.net/10069/30422
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第54号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30422

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace