DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第43巻 第80号 >

東日本大震災における鋼構造建物の津波被害に関する一考察 ―津波荷重に対する安全性評価―


ファイル 記述 サイズフォーマット
43_80_5.pdf4.41 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 東日本大震災における鋼構造建物の津波被害に関する一考察 ―津波荷重に対する安全性評価―
その他のタイトル: On Damaged Steel Buildings Due to Tsunami After Great Tohoku Earthquake -Safety Evolution against Tsunami Load-
著者: 玉井, 宏章 / 前田, 憲利 / 島津, 勝
著者(別表記) : Tamai, Hiroyuki / Maeda, Kazuto / Shimazu, Masaru
発行日: 2013年 1月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 43(80), pp.25-32; 2013
抄録: A huge disaster due to tsunami occurred on 11th March 2011 in Japan. The tsunami's height reached 14m, and the lower areas of coastal cities and towns were completely wiped out and buildings function were lost. Many drowned people have not yet been found. Other great tsunamis are expected in the near future in coastal areas of Japan. The tsunami load on these building could be estimated as a hydro pressure against surface of drift direction. It is pointed out that the collapse load factor according to the design criteria for the building other than the rim of the coastal area may be given a good estimation of building safety.
キーワード: Tsunami / Tohoku Great Earthquake / Damage of Steel Building / Tsunami Load
URI: http://hdl.handle.net/10069/30501
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第43巻 第80号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30501

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace