DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第43巻 第80号 >

炭素繊維プレート接着補強鋼部材の有限要素法解析 その2 断面欠損のある小梁の補剛効果


ファイル 記述 サイズフォーマット
43_80_6.pdf560.99 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 炭素繊維プレート接着補強鋼部材の有限要素法解析 その2 断面欠損のある小梁の補剛効果
その他のタイトル: FEM Analysis of Rehabilitated Steel Member using CFRP Plates Part 2 Stiffening Effect on Subsidiary Beam with Faults
著者: 玉井, 宏章 / 中村, 憲一 / 島津, 勝
著者(別表記) : Tamai, Hiroyuki / Nakamura, Kenichi / Shimazu, Masaru
発行日: 2013年 1月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 43(80), pp.33-38; 2013
抄録: The authors have developed a tensile force strengthening method using bonded carbon fiber reinforced plastic (CFRP) plate to enhance the life of existing building. This paper reports the result of loading tests and F.E.M. analyses on a subsidiary beam before and after rehabilitation using bonding CFRP Plates. These results show the required bonding length to recover the its original flexural stiffness. And rehabilitated effect could be evaluated by presented calculation to take an additional bonding length.
キーワード: Carbon Fiber Reinforced Plastic Plate / Steel Member / Nonlinear Finite Element Method
URI: http://hdl.handle.net/10069/30502
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第43巻 第80号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30502

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace