DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第48号 >

〔Occurrence of Milkfish, Chanos chanos (FORSSKÅL) Eggs around Panay Island, Philippines


File Description SizeFormat
suisan48_001.pdf758.96 kBAdobe PDFView/Open

Title: 〔Occurrence of Milkfish, Chanos chanos (FORSSKÅL) Eggs around Panay Island, Philippines
Other Titles: フィリピン,パナイ島周辺におけるサバヒ-卵の出現
Authors: Senta, Tetsushi / Kumagai, Shigeru / Castillo, Nelson M.
Authors (alternative): 千田, 哲資 / 熊谷, 滋 / N.M. Castillo
Issue Date: Feb-1980
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.48, pp.1-11; 1980
Abstract: Bulletin of the Faculty of Fisheries, Nagasaki University / パナイ島周辺海域において,1976~1979年に延1663回の稚魚網による水平曳きをおこない,合計551個のサバヒー卵を得た.1回の曳網で得た最大卵数は33個であった.卵の大部分はクヨー東水道で採集され,カガヤン諸島水域からも少数得られた.シブヤン海でも1個の卵が得られたが,ピサヤン海・パナイ湾では採集されなかった.卵は主に3~6月に出現し,盛期は4月で,これはこの地方における天然種苗(fry)出現の最盛期の1カ月前に当る.サバヒー卵が最も頻繁に得られたのは島の周辺や岸近くの浅海域であるが,時として比較的陸から離れた場所やかなり深い(900m)ところでも採集された.卵が出現した水温・塩分の範囲は26.7~30.8℃および32.9~34.5‰であった.表層から20m層まで5m毎におこなった各層採集の結果では,これら層の間でサバヒー卵の分布密度に大きな差はなかった.早朝採集された卵は発生段階の初期のものであり,夕刻の卵は後期のものであった.天然における産卵は夜半におこなわれるようであり,艀化時間は20時間前後と推定された.
URI: http://hdl.handle.net/10069/30570
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第48号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/30570

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace