DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第45号 >

1976年および1977年夏の長崎湾の水質調査


File Description SizeFormat
suisan45_029.pdf170.37 kBAdobe PDFView/Open

Title: 1976年および1977年夏の長崎湾の水質調査
Other Titles: The Pollution of Sea-Water in Nagasaki Bay in Summer 1976 and 1977
Authors: 宮原, 昭二郎 / 大野, 秀範
Authors (alternative): Miyahara, Shojiro / Ohno, Hidenori
Issue Date: Aug-1978
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.45, pp.29-31; 1978
Abstract: Following the previous report in 1975, we conducted examination on the pollution of sea-water in Nagasaki Bay in summer 1976 and 1977 so as to check the environmental changes in the bay. The results were as follows. Although COD inclined to decrease yearly, SS increased considerably probably because of the increased dust in sea-water. N-hexane extracts showed a trend of gradual increase. Cadmium and lead were detected, though they were not detected in 1975. Mercury and arsenic decreased yearly at least during the period of this investigation. / 1976年および1977年夏長崎湾および周辺の7地点から採取した表層海水の水質調査を行ない,1975年の調査結果と比較した。CODは年々減少している。鉛およびカドミウムは1975年には検出されなかったが1976年および1977年には検出された。そのうちカドミウムは1977年は前年より多くなった。水銀は年々減少の傾向にある。6価クロムは1977年はどの地点からも検出されなかった。ひ素は1977年は前年の約1/5以下になった。シアンは3年間検出されなかった。ノルマルヘキサン抽出物質量は年々増加しており,油による海面の汚染がさらに進行している。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30672
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第45号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/30672

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace