DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第43号 >

水型から見た東シナ海・黄海の水塊解析と底魚漁場について


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan43_001.pdf1.17 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 水型から見た東シナ海・黄海の水塊解析と底魚漁場について
その他のタイトル: By the Bivariate Distribution of Water Type, the Water Mass Analysis and the Distribution of Fishing Ground of Demersal Fish in the East China Sea and the Yellow Sea
著者: 松宮, 義晴 / 和田, 時夫 / 岡, 正雄
著者(別表記) : Matsumiya, Yoshiharu / Wada, Tokio / Oka, Masao
発行日: 1977年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.43, pp.1-21; 1977
抄録: In order to analyze the water mass in the East China Sea and the Yellow Sea, the data of oceanographic observation (1958~1974) were examined. The bivariate distribution of volume of water type (in terms of temperature and salinity) and geostrophic velocity by season were calculated. Then, mode of bivariate distribution of water type by the fishing ground, and water characteristics of the fishing ground of typical demersal fish were indicated in relation to the distribution of water masses. Several important observations were enumerated as follows. (1) The distribution of water masses in this paper agreed approximately with the old reports, but the range of the Yellow Sea Bottom Cold Water was narrower than the usual information. (2) At southern part of the East China Sea, the bottom water originating in warm current was recognized on the continental shelf (3) From spring to autumn, the remarkable southward current was calculated on the shelf edge at middle and southern part of the East China Sea. It suggested that the direct mixing of the Kuroshio water and the water mass on the shelf was not so much. (4) The bivariate distribution of water type by the fishing ground agreed generally with the distribution of bottom water. The usual information about the distribution of typical demersal fish could be supported from the viewpoint of distribution of water masses. / 1.東シナ海・黄海の水塊構造の具体的把握を試み,さらに底魚漁場との関連について考察した。2.1958年から1974年までの各種の海洋観測資料から,季節ごとの水型頻度分布,地衡流速,水型輸送量を計算した。また中嶋・真道(4)が分けた底魚漁場区画ごとの水型頻度分布を計算した。3.計算結果をT-S diagram上に表わし,水塊の配置および季節変動について考察した。水塊配置については従来の報告をほぼ裏付ける結果が得られた。4.黄海底層冷水の占める範囲はこれまで考えられていたよりも狭く,東シナ海北部から中部にかけての海域は,黄海系の冷水と対馬暖流の勢力の消長に支配される変動の大きな海域であることが明らかになった。5.東シナ海中部から南部にかけての大陸棚上には周年比較的安定した状態で暖水系の底層水が認められたが,これに関連してこの海域に環流が存在する可能性を示唆した。6.流動については,東シナ海中部から南部にかけての大陸棚の東部に,春季から秋季にかけて顕著な南向きの流れが見られ,黒潮と大陸棚上の水塊との直接的な混合は少ないと推定された。7.底魚漁場の水型頻度分布は一般に底層水の分布とよく対応していた。8.代表的底魚数種(マダイ・コウライエビ・キグチ)の漁獲水域の水型頻度分布は,底魚類の分布に関する従来の知見を裏付けるものであったが,移動に対する水塊の影響は顕著に示されなかった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30677
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第43号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30677

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace