DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第42号 >

Studies on Sharks―XI Reproduction in Female Heptranchias perlo


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan42_001.pdf3.6 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Studies on Sharks―XI Reproduction in Female Heptranchias perlo
その他のタイトル: サメ類の研究-11 : エドアブラザメHeptranchias perloの雌の生殖について
著者: Tanaka, Sho / Mizue, Kazuhiro
著者(別表記) : 田中, 彰 / 水江, 一弘
発行日: 1977年 2月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.42, pp.1-9; 1977
抄録: The present report is to investigate the morphology and ecology of reproductive system of female Heptranchias perlo (BONNATERRE) in the southwestern waters of Kyushu. H. perlo belongs to the non-placental type in viviparity and does not form the uterine compartments. Both right and left ovaries of this species are functional each containing 10 mature ova measuring 35 mm to 45 mm in diameter on the average at the time of ovulation. Moreover, the ova in ovary do not develop with the growth of embryos but after the parturition. The sexual maturity of female is reached between 95 cm and 105 cm in total length as estimated from the correlation of total length with the diameter of ovum in ovary and the uterine width. It seems that this species has no specific reproductive season judging from the situations of ovaries and uterus. The embryos measuring about 240 mm in total length were similar to the adults in general body proportion and coloration, and were not enclosed in the embryonic membrane. Further, these embryos appeared to be just before parturition, since each embryo had no external yolk sac but internal yolk sac attached to the duodenum, supplying the yolk substance to the valvular intestine. The condition factor and hepatosomatic index are greatly related to the reproduction of female H. perlo. / 本研究では、九州南西海域のエドアブラザメHeptranchias perloの雌の生殖形態及び生態を調査した。本種は,手島らのサメ類の雌の生殖形態の分類による胎生非胎盤型に属し,子宮隔室を形成しない種である。本種の卵巣は左右ともに機能的であり,排卵直前の成熟個体は,卵径35~45mmの完熟卵を左右平均各10個持っている。更に,卵巣卵は,胎児の成長に伴って,発達せず,胎児の出産後に発達すると考えられる。本種の雌の成熟体長は,全長と卵巣卵の直径及び子宮幅との相関より求められ,全長95~105cmであると推測される。卵巣卵あるいは,子宮の状態から判断して,本種には,特定の生殖時期がないと考えられる。全長約240mmの胎児は,ほとんど成体と変らない体型及び体色をし,胎児膜に包まれていない。これらの胎児は,外卵黄のうを持たず,容積0.1~1.7mlの内卵黄のうを十二指腸部に付け,腸に卵黄を供給しているため,出産間近の胎児であると考えられる。肥満度及び肝臓体重指数は,本種の雌の生殖に非常に関連している。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30699
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第42号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30699

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace