DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第42号 >

有明海の海泥におけるウェルシュ菌の検出-3 : 湾奥部の海泥および流入河川泥におけるウェルシュ菌の分布,ならびに,分離株の性状


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan42_033.pdf409.45 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 有明海の海泥におけるウェルシュ菌の検出-3 : 湾奥部の海泥および流入河川泥におけるウェルシュ菌の分布,ならびに,分離株の性状
その他のタイトル: Detection of Clostridium perfringens in Sea Mud of Ariake Sea―III Distribution of Clostridium perfringens in Sea Mud of Inner Part of the Bay and in River Mud of Rivers Running into the Bay
著者: 谷口, 忠敬
著者(別表記) : Taniguti, Tadataka
発行日: 1977年 2月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.42, pp.33-37; 1977
抄録: The distribution of Clostridium perfringens in sea mud of the inner part of the Ariake Sea (bay) was estimated in 1971, 1972, 1973 and 1976. The characteristics of the isolated C. perfringens strains were studied. The same study was made on river mud of the rivers running into the bay in 1976 and 1973. A large number of C. perfringens was detected in the sea mud of the inner part of the bay in 1971 to 1976. The maximum value of the number was 2,400-75,000/100g (moist mud). The number of C. perfringens detected in the river mud was larger than that in the sea mud. All tested one hundred strains from among the isolates were identified as Type A. Hobbs Types 1, 2, 4, 5, 6, 8 and 13 were detected from the sea mud. Of the isolates from unheated sea mud, 13% (18/142) was Hobbs Types. Types 1, 4, 5, 8, 11, 13, 14 and 16 were detected from the river mud (unheated). Of the isolates from river mud, 13% (12/95) was Hobbs Type. In the isolates from unheated sea mud, 42% (22/52) of the strains tested and 75% (6/8) of the Hobbs Type strains tested were heat resistant (100℃, 15min.). In the isolates from river mud, 28% (5/18) of the strains tested was heat resistant. / 有明海の湾奥部海泥について1971,1972,1973および1976年にウェルシュ菌の分布を調査測定し,更に,分離株の性状を試験した。また,1976および1973年に流入河川泥について同様の研究を行なった。1) 有明海の湾奥部海泥において1971年から1976年にわたって多数のウェルシュ菌が検出された。海泥中における最高ウェルシュ菌数は2,400~75,000/100g(湿泥)であった。海泥の汚染源と考えられる河川泥における本菌数は湾奥部海泥におけるそれよりも大であった。2) 分離株のうちの全供試100株がA型に該当した。海泥分離株からHOBBS1,2,4,5,6,8および13型株が検出された。無加熱海泥分離株の13%(18/140),加熱(100℃,15分)海泥分離株の33%(3/9)がHOBBS型に該当した。河川泥(無加熱)分離株からHOBBS1,4,5,8,11,13,14および16型株が検出された。河川泥分離株の14%(12/86)がHOBBS型に該当した。3) 海泥(無加熱)分離株の場合,供試株の42%(22/52)が,また,供試HOBBS型株の75%(6/8)が耐熱性(100℃,15分)を示した。河川泥(無加熱)分離株では供試株の28%(5/18)が耐熱性を示した。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30703
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第42号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30703

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace