DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第41号 >

1975年夏の長崎湾の水質調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan41_021.pdf243.31 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1975年夏の長崎湾の水質調査
その他のタイトル: The Pollution of Sea-Water in Nagasaki Bay in Summer 1975
著者: 宮原, 昭二郎 / 大野, 秀範
著者(別表記) : Miyahara, Shojiro / Ohno, Hidenori
発行日: 1976年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.41, pp.21-24; 1976
抄録: With the advancement of living standards and the development of industry, environmental marine pollution caused by waste water has rapidly been increasing. The sea is often polluted by organic matters or heavy metals, which are discharged into the sea for some reason or other, and this problem is now of global seriousness. It is not only because marine pollution by these has a bad influence upon marine livings causing severe damage to various kinds of fisheries, but also because it involves the danger of destroying the very earth as the living environment of human beings. In the vicinity of Nagasaki Bay, the coastal water has also been polluted. The authors analyzed the sea-water for 12 items, which was collected in the summer of 1975 from the surface layers of 7 stations in Nagasaki Bay and the vicinity. It seemed that the sea-water was polluted by petroleum or the like and the pollution was heavier at the entrance of the bay rather than at the inner and outer stations of the bay. Dichromic ion measuring 0.015ppm was detected only at the innermost area of the bay. / 1975年夏,長崎湾および周辺の7地点から採取した海水の水質調査を行なった。カドミウム,鉛,シアンは見出されなかった。総水銀,6価クロム,ひ素が見出されたが,総水銀はかなり多量に検出され,6価クロムは湾奥部のみから検出された。ひ素は湾口部でも湾奥部でも天然量の8倍の値を示すものがあった。pHについては湾奥部のみ「生活環境保全に係る環境基準」値をわずかに越えた。CODについても全て環境基準値以下であった。ノルマルヘキサン抽出物質は全地点で見出され油による汚染が相当に進んでいることがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30722
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第41号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30722

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace