DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第41号 >

八代海底質中の水銀とカドミウム量調査(昭和50年度)


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan41_025.pdf169.84 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 八代海底質中の水銀とカドミウム量調査(昭和50年度)
その他のタイトル: Concentration of Mercury and Cadmium in Sediments in Yatsushiro Sea
著者: 宮原, 昭二郎 / 大野, 秀範
著者(別表記) : Miyahara, Shojiro / Ohno, Hidenori
発行日: 1976年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.41, pp.25-27; 1976
抄録: In the aquatic environment, heavy metals are a serious pollution problem since they are toxic to a wide variety of plants and animals, may be transported and concentrated in the food chain, and, when present at elevated levels in water supplies, can be a hazard to public health. Industrial and urban waste water discharged into sea may increase the heavy metal concentration of the water and also lead to an accumulation of heavy metals in the sediments. Furthermore heavy metals in the sediments are dissolved in the water, and whereby that causes the pollution over a long time. So the authors analyzed the sediments for total mercury and cadmium using atomic absorption spectrophotometry. Sediment samples were collected in June 1975 at 23 stations of Yatsushiro Sea near Ariake Sea as shown in Fig. 1. Results are shown in Table 1. It is indicated that the metal concentrations in the sediments were lower than those investigated a few years ago. / 八代海の底質の総水銀量の定量に関する報告は多くなされているが,筆者らの測定値は昭和48年測定の環境庁の報告その他よりも少ない値であった。この理由として,最近の数年間汚染源からの流入が減少し,また汚染水域の浚せつなどが行なわれているためであろうと思われる。八代海の底質のカドミウム量についても,筆者らの測定値は昭和48~49年に行なわれたいろいろの報告よりも少ない。これは有明海のように八代海もカドミウムを含む底土が年々外洋へ移動しているためであろうと考えられる。このように今後も調査をつづけて行かねばならないが,八代海の総水銀量,カドミウム量は2~3年前に比べ減少していることがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30723
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第41号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30723

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace