DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第40号 >

かまぼこ原料を目的とするトカゲエソの冷蔵


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan40_029.pdf394.55 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: かまぼこ原料を目的とするトカゲエソの冷蔵
その他のタイトル: Icing or Freezing Preservation of Lizard Fish (Saurida elongata) for Kamaboko Material
著者: 野崎, 征宣 / 田端, 義明 / 金津, 良一
著者(別表記) : Nozaki, Yukinori / Tabata, Yoshiaki / Kanazu, Ryoichi
発行日: 1975年12月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.40, pp.29-34; 1975
抄録: For Kamaboko material, we preserved lizard fish (Saurida elongata) in iced or frozen state, and other lizard fish (Saurida undosquamis) in iced state. We recogniged the following effects: 1) The available term of icing preservation was within a week for both lizard fishes. 2) When the fishes turned unadaptable for Kamaboko material, volatile basic nitrogen level reached 30 mg % of iced fishes. 3) The "ashi" (elasticity) of Kamaboko and the total activity of actomyosin Ca2+-ATPase showed a tendency to decrease during freezing preservation. However, a tendency to increase was also observed in some specimens. / かまぼこ製造を目的として,トカゲエソの冷蔵(氷蔵および凍結貯蔵)およびマエソの氷蔵を行ない,次の結果を得た。1) トカゲエソおよびマエソともに,かまぼこ原料を目的とする氷蔵の有効期間は1週間以内であった。2) 氷蔵においては,原料魚がかまぼこ調製に不適当となる時点で,VBNはほぼ30mg%に達した。また,マエソのみについて測定されたDMA-Nは,その時点で4.7mg%であった。3) 凍結貯蔵においては,貯蔵期間の延長とともにかまぼこの"あし"およびアクトミオシンCa2+-ATPase全活性は低下する傾向がみられるが,時には逆に上昇する場合がみられた。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30760
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第40号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30760

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace