DSpace university logo mark
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第37号 >


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan37_017.pdf1.92 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 養殖ハマチにおけるニフルスチレン酸ナトリウムの安全性に関する研究
その他のタイトル: Studies on Toxicity of Sodium Nifurstyrenate (NFS-Na) in Cultured Yellowtail
著者: 石原, 忠 / 柏木, 哲 / 保田, 正人
著者(別表記) : Ishihara, Tadashi / Kashiwagi, Satoshi / Yasuda, Masato
発行日: 1974年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.37, pp.17-22; 1974
抄録: Recently, bacterial pseudotuberculosis has been associated with serious mortality of cultured young yellowtail during the summer months in many yellowtail farms. This disease is caused by pasteurella piscicida. Sodium nifurstyrenate is a new, broad-spectrum, vinylogous nitrofuran and it is effective both in vitro and in vivo against this pathogenic organism. When this disease occurs, NFS-Na is generally fed with diet for a week or so. The oral toxicity of NFS-Na that is fed for a week or so is known. However, the toxicity of NFS-Na fed on long-term basis is unknown, and the purpose of the present study is to determine such oral toxicity of NFS-Na. / ニフルスチレン酸ナトリウム,ナリディクス酸を用いて,ハマチに対する長期間経口投与による安全性について検討した。1. ニフルスチレン酸ナトリウム40mg/kg/day,ナリディクス酸10mg/kg/dayの50日間投与において,いずれも毒性は認められなかった。2. ニフルスチレン酸ナトリウム20mg, 40mg/kg/dayの投与は無投与の対照区よりも幾分成長がよかった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/30825
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/30825



Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace