DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第32号 >

Calanus pacificus var. japonicus BRODSKYの分類学的所見とその九州西海における分布生態


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan32_051.pdf817.57 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Calanus pacificus var. japonicus BRODSKYの分類学的所見とその九州西海における分布生態
その他のタイトル: Taxonomical View of Calanus pacificus var. japonicus BRODSKY and its Distributional Ecology in the Western Seas of Kyushu
著者: 山田, 鉄雄
著者(別表記) : Yamada, Tetsuo
発行日: 1971年12月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.32, pp.51-67; 1971
抄録: Calanus pacificus and its 3 varieties (Cal. pac. v. oceancus, Cal pac. v. japonicus, Cal. pac. v. ?) which Brodsky designated as new species in 1958 are the same as what we call Calanus helgolandicus in the neighbouring seas of Japan. Hence the author intended to examine whether or not such nomenclature is appropriate. The samples examined were those caught in February and April 1971 near Nagasaki (including Omura Bay) and those previously caught and preserved. The author's examination has come to the conclusion that Cal. helgo. in the western seas of Kyushu should be properly named as Cal. pac. v. jap. according to the morphological characteristics which Brodsky has pointed out. But as to Cal. pac. v. ocean. and Cal. pac. v. ? the author has found no specimens yet, leaving many unsolved questions. Individuals of Cal. pac. v. jap. spawn in early spring after swarming to the coastal waters, but other spawning seasons are unknown. They show remarkable diurnal vertical movements. They seem to be a suitable indicator of water mass of the Tsushima current. / わが国近海の重要copepodaとしてCalanus helgolandicusがあるが,1958年Brodskyは,本種は地中海及びその近海産のもので北太平洋には存在せずとし,日本のC. helg.は彼が新種として発表したCalanus pacificus及びその変種であるとした。そこで著者はこれを確認するため1971年の2月と4月に長崎沿海及び大村湾で採集して精査した結果,九州西海のものについてはCalanus pacificus uar. japonicus Brodskyとするのが適当と考えた。BrodskyはC. pac. jap.は生時頭胸部関節に赤い横縞のあることを特記しているが,九州西海産のものにも明らかにこの赤い縞がある。なおその他に著者は,頭部後端背面の中央に小突起があることを認めた。これは♂に特に顕著で,♀は大型のものでは小さいがその存在は確認される。これがC. pac. jap.の形態上の特徴であるか否かは,C. pac.ocean.やC. pac. v. ?を調べて見ないと何とも言えない。♂では左第5脚外葉が類縁種中最も細長い。C. pac. jap.の主産卵期は1月~4月で,その他の産卵期は明らかでない。産卵期には沿岸表層に出現して大群を成すが,その他の時期には表層に出現することは少なく,特に夏季にはほとんど全く表層に姿を見せない。ただし夜間は表層に現われるので,diurnal migrationが活発であることを示す。本種は対馬暖流及びその影響する水塊の指標種として適当である。
URI: http://hdl.handle.net/10069/31086
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第32号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31086

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace