DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第15巻 第1号 >

労働者としての科学者に関する考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo15_1_41.pdf5.55 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 労働者としての科学者に関する考察
その他のタイトル: Study on Scientists as Workers
著者: 中村, 修
著者(別表記) : Nakamura, Osamu
発行日: 2013年 2月20日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 15(1), pp.41-47; 2013
抄録: The intellectual groups of scientists that have appeared since the 19th century are different from the intellectual groups that were continuously produced from European universities up until that time. A researcher of the history of science,Yoichiro Murakami,defined a scientist as "a person who professionally pursues a narrow knowledge base as a job". In other words,scientists are workers that do research as labor. In this article,materials were examined to study incomes of researchers in the 16th to 20th centuries and scientists as workers.
キーワード: philosopher / amateur / scientists as workers
URI: http://hdl.handle.net/10069/31098
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31098

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace