DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第25巻 第1号 >

T団地在住の高齢者と地域住民によるインフォーマル・サービスに関する調査-「助っ人隊」の事例を中心に-


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn25_1_29.pdf1.05 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: T団地在住の高齢者と地域住民によるインフォーマル・サービスに関する調査-「助っ人隊」の事例を中心に-
その他のタイトル: A Study of Elderly Residents in the T Housing Complex and an Informal Service Provided by the Residents ―An analysis of 'SUKETTO―TAI'―
著者: 今屋, 香澄 / 平山, 愛美 / 前田, 優美 / 本松, 邦恵 / 平野, 裕子
著者(別表記) : Imaya, Kasumi / Hirayama, Aimi / Maeda, Yumi / Motomastsu, Kunie / Ohara-Hirano, Yuko
発行日: 2013年 3月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 25(1), pp.29-40; 2013
抄録: 目的:「助っ人隊」の認知・利用・今後の利用の現状と,それに関連する社会・経済的要因を明らかにする. 方法:T団地の60歳以上の住民271名を対象とした.調査項目は,基本属性,生活上の不安,ソーシャル・キャピタル,ソーシャル・サポートの有無,「助っ人隊」の認知・利用・今後の利用,モラール・スケール等である. 結果:「助っ人隊」の認知では同居家族がいる人,ソーシャル・サポートがある人,利用の有無では高齢,女性,無職である人で有意な差がみられた.ソーシャル・キャピタルは「助っ人隊」の認知,利用の有無,今後の利用の有無において関連がみられたが,モラール・スケール合計との間で有意差はなかった. 考察:「助っ人隊」はソーシャル・キャピタルが豊かな人ほど認知・利用されている反面,人間関係に不安がある人にも利用されている.このことから,「助っ人隊」はT団地のソーシャル・キャピタルの中で排除されかけている人達に働きかけることで,比較的中立なインフォーマル・サービスの役割を果たす機能があると考えられる. / Purpose: The purpose of this study was to identify the present conditions relevant to the current and future use of ‘SUKETTO-TAI; a voluntary informal service group in the T housing complex of Nagasaki City. Methods: A six-page questionnaire was developed and distributed to 271 residents older than 60 years of age living in the T housing complex. The questionnaire categories included basic demographics, life anxieties, social capital, social support, and a morale scale. The responses were analyzed to determine the level of recognition of ‘SUKETTO-TAI’ and to evaluate the current and potential future use of ‘SUKETTO-TAI’. Results: The finding of a statistical analysis suggested that respondents who lived with familiy members and reported having social support were likely to recognize ‘SUKETTO-TAI’. Those who were older, female, and who did not have any current jobs were likely to use ‘SUKETTO-TAI’. The data also suggested that respondents with high social capital, recognized, used and expected to use ‘SUKETTO-TAI’ in the future. However, the analysis of the morale scale scores did not find any correlations with the recognition, use or expected use of SUKETTO-TAI’. Discussion: ‘SUKETTO-TAI’ is used not only by people who are rich in social capital, but also by people who are anxious about human relationships in the community. It can be assumed that ‘SUKETTO-TAI’ plays a relatively neutral role in the T housing complex by providing informal services for people who are likely to be isolated.
キーワード: インフォーマル・サービス / ソーシャル・キャピタル / ソーシャル・サポート / 高齢者 / 地域 / Informal Service / Social Capital / Social Support / Elderly People / Community
URI: http://hdl.handle.net/10069/31119
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第25巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31119

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace