DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第29号 >

原子吸光法による組織中の金属の定量-2 : 環境水成分の変化による二枚貝中のストロンチウムとカルシウムの含有比


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan29_117.pdf321.89 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 原子吸光法による組織中の金属の定量-2 : 環境水成分の変化による二枚貝中のストロンチウムとカルシウムの含有比
その他のタイトル: Determination of Metals in Life Tissue by Atomic Absorption Method―II Ratio of Strontium and Calcium in Shell-fishes by the Variation of Environmental Sea Water in the Density Components
著者: 野崎, 征宜 / 田端, 義明 / 宮原, 昭二郎
著者(別表記) : Nozaki, Yukinori / Tabata, Yoshiaki / Miyahara, Shojiro
発行日: 1970年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.29, pp.117-123; 1970
抄録: We have made some experiments to see whether or not shell-fishes take up strontium, as strontium and calcium in the environmental sea water are increased slowly up to two time as dense as those in the general sea water. When the net amount of strontium in the environmental sea water is increased, though the increase varies to some extent, more strontium is taken up into the internal organs of the shell-fishes and then released. The process of absorption and release is repeated. However, the accumulation of strontium in the other organs such as shells and muscles cannot be observed. / 1. 二枚貝類を環境水中のSrとCa量を正常海水の2倍濃度まで徐々に増加させながら30日間飼育し,貝類諸器官中のSr,Ca量を原子吸光分析法によって測定した. 2. 内臓以外の器官中にはSr/Caモル%の変動はあまり見られず,内臓のSr/Caモル%は大きく変動するがSr及びCaの添加を終るとSr/Caモル%の変動は小さくなった. 3. 環境水中にSrのみ,SrとCa, Srを添加し途中からCaを添加した場合,内臓のSr/Caモル%の大きな変動は貝類のSr摂取が環境水中のSrの絶対量に関係し,共存するCa量にはほとんど関係しないように思われる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31202
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第29号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31202

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace