DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第27号 >

赤潮無発生年における赤潮プランクトンの動勢 1966年大村湾の場合


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan27_019.pdf7.15 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 赤潮無発生年における赤潮プランクトンの動勢 1966年大村湾の場合
その他のタイトル: Movement of red water plankton in the year of no red water occurrence in the case of Omura Bay in 1966
著者: 飯塚, 昭二 / 入江, 春彦
著者(別表記) : Iizuka, Shoji / Irie, Haruhiko
発行日: 1969年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.27, pp.19-37; 1969
抄録: In spite of no occurrence of red water in 1966, we observed many microalgae totaling 129 species of Cyanophyceae, Heterocontae, Chrysophyceae, Bacillariophyceae, Desmocontae, Dinoflagellata and Chlorophyceae which occurred in the southern part of Omura Bay. Among them, ten species including Dictyocha fibula, Gonyaulax polygramma, Gymnodinium type-'65 (causative organisms of the red water of this bay in the past), Gymnodinium nelsoni, unknown species of Gymnodinium (specimen No. 57 in Plate II), and Ceratium fusus were selected as important organisms and their movement was pursued in the present study. Many of these species occurred concentratedly during the period of early and middle August and some species increased in density of population to some extent though not enough to cause red water phenomena. It is presumed that this period was most important for the occurrence of red water phenomena being provided with most environmental requirements in view of several occurrences of localized discoloration though slight in intensity. The increases might have been the preceding biological phenomena of red water lacking one or more unknown decisive requirements. / 1966年度の大村湾は,赤潮無発生年に終ったが,このような年でもシーズンになると各種赤潮プランクトンが多数出現した.出現種は藍藻類,不等毛類,黄色鞭毛藻類,珪藻類,殻鞭毛藻類,双鞭毛藻類,緑藻類に属する129種で,このうち'47年,'62年および'65年の赤潮の原因種であるDictyocha fibula, Gonyaulax polygramma, Gymnodinium65型種およびGymnodinium nelsoni, Gymn d nium不明種(標本番号57,プレートII),Ceratium fusus等10種を重要種として指定し,その動勢を特に重視した.これらの種は8月上旬から中旬にかけて多出現し,なかには群集量をある程度の濃度まで増加させた種もあったが,それ以上とはならず遂に赤潮現象をひき起こすこともなかった.しかしこの時期は,環境的にも赤潮発生条件を一応備えていたものと推測され,小規模ではあるが着色現象も集中的に起こっている等のことから赤潮発生のためには重要な時期と考えられた.あるいは赤潮の前駆現象のあらわれかとも考えられたが,さらに発展して赤潮へ至らなかったのは今一つ赤潮を起こす条件に欠けていたものと思われる.その条件とはあるいは海底水無酸素化過程と関連ある何かかもしれない.本年度は海底水無酸素化は進まなかった.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31274
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第27号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31274

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace