DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第27号 >

練習船の食料について


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan27_079.pdf372.71 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 練習船の食料について
その他のタイトル: A Survey on the Foods in the Training Ship
著者: 日高, 昇 / 中根, 重勝
著者(別表記) : Hitaka, Noboru / Nakane, Shigekatsu
発行日: 1969年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.27, pp.79-84; 1969
抄録: The author was on board the fishing training ship Nagasaki maru on a long cruise to southeastern Asia in summer of 1968 to investigate the foods in the ship. The weight and the components of each group loaded foods were compared with the standard values provided in the Seamen's Law; animal protein foods were more than required, and the combination and volume of foods or the nutritive values were thought to be properly balanced. The calorie of the supplied foods was 3124 cal. and the volume of vitamin A and C was more than necessary. However the actual calorie intake by each student was 2827 cal. from supplied food and 366 cal. from other food totalling 3193 cal. This total value was well balanced to the calorie consumption as the labor intensity of students on fishing day was moderate degree. / 1. 漁業練習船長崎丸の遠航時における搭載食料は,船員法規定の基準量より動物蛋白源は上廻り,食料の配分及び量,栄養のバランスも適正に行なわれたものと判断される. 2. 給食熱量は平均3124Calで,ビタミンA, Cも所要量を上廻っている.然し実習生の摂取量は,年令層にギャツプのある乗組員と嗜好食習慣の相異が原因するのか,残食量が割に多く平均摂取熱量は2827Calとなり,給食以外に各自補給した熱量366Calと合計して3193Calと計測された.実習生の操業中の労働強度は「中くらい」と考えられるので,摂取熱量と消費熱量のバランスは保たれている.また,ビタミンCの不足も認められない.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31279
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第27号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31279

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace