DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第27号 >

長崎港内における船底塗料の塗り分け試験について-3


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan27_101.pdf298.92 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎港内における船底塗料の塗り分け試験について-3
その他のタイトル: On the Test of Sectional Bottom Painting in Nagasaki Harbor―III
著者: 井上, 正六 / 阿部, 茂夫 / 矢田, 殖朗 / 秋重, 祐章
著者(別表記) : Inoue, Shoroku / Abe, Shigeo / Yada, Shigeaki / Akishige, Yusho
発行日: 1969年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.27, pp.101-105; 1969
抄録: Since 1965, the authors have performed tests of sectional bottom painting with various kinds of paint on the "Nagasaki Maru", a training ship of Nagasaki University Faculty of Fisheries, in order to seek suitable paints for the ship bottom in Nagasaki Harbor. The third test was carried out recently and some results obtained there-from are reported herein: 1) As the result of the three tests of sectional bottom painting in Nagasaki Harbor, sample paint No. 1, which contains Cu2O and HgO as poisonous compounds, proved to be the most suitable for the period between November and June. 2) In the present test, there was observed no preferrence between organohalogenic poison compound and phenarsazine poison compound on the part of bottom fouling organisms. 3) The paints containing the same kinds and the same amount of organic poison proved to show great differences in anti-fouling effect by addition of Cu2O or other ingredients (the relation between sample paint No.3 and 4). It is necessary in future to study the relation between the leaching rate of poisons and the KU value. / 1.長崎港において,通算3回の船底塗料の塗り分け試験の結果,11月より6月の間では,毒物としてCu2OとHgOとを配合した試料1が最も適していた. 2.有機ハロゲン系とフェナルサジン系毒物においては,今回の試験で付着生物に選択性はみられなかった. 3.同種,同量の割合の有機毒物配合の塗料でもCu2O,その他の成分の配合により防汚効果は大きく異なる.(試料3と4との関係)又今後,毒物溶出速度と塗料粘度との関係を検討する必要がある.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31283
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第27号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31283

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace