DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第27号 >

模写受信機の発振周波数の偏差について


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan27_115.pdf3.86 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 模写受信機の発振周波数の偏差について
その他のタイトル: On the Deviation of the Oscillating Frequency of Facsimile Receiver
著者: 梅園, 茂
著者(別表記) : Umezono, Shigeru
発行日: 1969年 8月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.27, pp.115-120; 1969
抄録: The facsimile receiver mounted on the "Nagasaki Maru" had been gradually increasing the phase signal year by year. To test it, measurements were carried out on the deviation of the crystal oscillating frequency. The results of measurements and some considerations are reported here: 1. It is usual that the deterioration of crystal piece results in a decrease of the oscillating frequency, but incase of the present apparatus, it has resulted in an increase. 2. The deterioration of the thermostat makes its action inactive and the time of electrification longer, which consequently enhances the temperature in the tank and the oscillating frequency. 3. The worsening of the oscillating condition makes the effect of the condenser of the adjustment circuit remarkably worse, and causes the curve to approach a horizotal line. / 1.水晶片が不良になると,発振周波数は低くなることが通例であるが本機の場合は高くなった. 2.サーモスタットの老化は作動が綬慢となり通電時間を長くして,槽内温度と発振周数を高くする. 3.発振条件が悪くなれば,微調整回路のコンデンサーの効果が著しく悪くなり,曲線が横になる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31285
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第27号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31285

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace