DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 教育実践総合センター紀要 > 第12号 >

対人ストレスコーピングの実践的介入 ―小学生を対象にして―


ファイル 記述 サイズフォーマット
Jissen12_87.pdf361.08 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 対人ストレスコーピングの実践的介入 ―小学生を対象にして―
著者: 谷口, 弘一
発行日: 2013年 3月20日
出版者: 長崎大学教育学部 附属教育実践総合センター
引用: 教育実践総合センター紀要, 12, pp.87-96; 2013
抄録: Sixth-year elementary school students were trained to promote effective interpersonal stress coping in order to reduce their stress responses. They were instructed to use postponed-solution coping when confronted with interpersonal stress events and to keep a diary of whether they used postponed-solution coping each day for two weeks. At three times (before the training, at seven days and 21days after the training), 51 students in the training group and 41 students in the control group completed questionnaires regarding interpersonal stress coping and stress responses. At seven day after the training, students in the training group used postponed-solution coping more frequently than control students. Both the trained students and the controls reported lower stress responses over time.
キーワード: postponed-solution coping / stress responses / elementary school students
URI: http://hdl.handle.net/10069/31373
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第12号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31373

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace