DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第22号 >

「早岐瀬戸」締め切りが周辺真珠漁場に与える影響に関する研究-3 : 総括と要約


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan22_015.pdf474.63 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 「早岐瀬戸」締め切りが周辺真珠漁場に与える影響に関する研究-3 : 総括と要約
その他のタイトル: Studies of the Oceanographic Characteristics of Haiki Channel and the Adjacent Waters, and of Effects of Closing of the Channel on Pearl Farms―III : Generalization and Summary
著者: 入江, 春彥 / 飯塚, 昭二
著者(別表記) : Irie, Haruhiko / Iizuka, Syoji
発行日: 1967年 3月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.22, pp.15-20; 1967
抄録: To elucidate the assumed effects of closing of Haiki Channel, Sasebo City, Nagasaki Prefecture, on pearl farms in its adjacent waters, surveys were carried out from February 1964 to January 1965. The results of surveys are as follows. 1. Movement of sea water at the Daito Farm in the Channel will be lowered to a half (at present maximum being 25cm/sec, average being 8-10cm/sec in spring tide). According to the experiments in laboratory, the physiological activity of pearl oysters is the most vigorous at the current-velocity of 10-15cm/sec. 2. There will be no problem with dissolved oxygen content in sea water from present status, but it is feared that the water in lower in layer with low oxygen tension during high temperature season from July to September, especially at the time of neap tide (about 1 cc/L), might come up to the level of the lowest end of oysterbaskets hanging in the water. 3. Contamination of bottom-mud will be intensified by the declining of movement in the Channel. 4. It is feared that there will be an occurrence of red water and abnormal blooming of Skeletonema costatum. Such circumstance is not faborable for pearl oysters. Furthermore, followings can be expected as secondary effects of the interception of the Channel accompanied by decline of current. (1) Abnormal elevation of water temperature in summer and abnormal depression thereof in winter. (2) Effect of long staying of the fresh water after heavy rain. (3) Development of strong stratification and ascending of bottom water which has low oxygen tension in summer. (4) Increase of sulphide in bottom-mud and-water by accumulatio of organic matters derived from shell-excretions and inflow. (5) Interception of oxygen-supplying effect by turbulence at the scheduled position of closing (Kancho-bashi) and by sea weeds in the Channel. (6) Interception of interchange between the waters in the Channel and in Omura Bay. The authors assume that the superannuation and desolation of pearl farms will be intensified by the above-mentioned conditions. / 1. 調査の動機と目的 早岐瀬戸淡水湖化の計画があるが,本水域は「大村湾真珠」の集中的かつ優良漁場のある水域であるので,佐世保市大塔水域を中心として,早岐瀬戸周辺海域の現況をは握し,それに基づいて瀬戸が締め切られた場合,近傍の真珠養殖漁場にどのような影響を与えるであろうかを推定すべく,1964年2月より1965年1月の間にわたって調査を行った. 2. 調査結果とそれによって推定されることの概要 (1) 大塔水域の海水流動は,大潮時で最大流速25cm/sec程度,平均流速は8~10cm/secであるが,これがほぼ1/2以下に低下するものと推定した.アコヤガイと環境水の流速との関係を排せつ糞量・貝殼形成力および貝殼運動の3点について見た室内実験の結果では,10~15cm/secが貝を最も活発ないしは安定に活動させる流速であるとの結論を得た. (2) アコヤガイの強い「酸素耐性」および中層以浅に垂下養殖しているという現在の事業の実際面から,現況では酸素量については問題とすべき点はないものと考えるが,7月から9月にわたる高水温期の,とくに小潮時に海底水で1cc/L台の異常低酸素の出現が現況でも見られるから,瀬戸締め切り後にはこの低酸素水が貝かご垂下層の下端まで上昇する可能性がある. (3) 夏期の高水温にともない,海底泥の硫化物量は6月から11月にかけて漸増する傾向がある.海底泥の汚染は現況でも漁場内では見られるので,瀬戸締め切り後には海水流動の衰えから,汚染の度合は加速されよう. (4) プランクトン相は現況で本水域は「佐世保湾型」を呈しているので,瀬戸締め切り後でも著しい様相の変化はないものと考えるが,Skeletonema costatumの異常増殖と「赤潮」のひん繁な発生とが心配される.これらの現象はアコヤガイの生息をおびやかすような直接的な影響は少ないものと考えるが,Skeletonemaの繁殖するような環境条件がアコヤガイの生息環境条件と一致しないであろうという点に,「漁場価値」を決定する上の問題点があるものと考える. 3. 海水の流動低下に随伴する二次効果と締め切りによるしゃ断効果としては, (1) 水温の夏期における異常上昇と冬期における異常低下 (2) 大雨後の長期にわたる淡水残留効果 (3) 夏期における強固な成層状態の発達および海底低酸素水(層)の上昇 (4) 貝類排せつ物その他陸上より流入する有機物質の蓄積による海底泥および海水中の硫化物の増加 (5) 観潮橋(締め切り予定場所の一)下のかく乱と瀬戸内の海藻群落による流水への酸素供給効果のしゃ断 (6) 瀬戸内水と大村湾水との交流効果のしゃ断などの現象と効果とを生ずることが心配され,これらはいずれも漁場の老化,荒廃を加速させるものであり,優良漁場としての価値を著しく低下させるものと推測する.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31405
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第22号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31405

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace