DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 教育実践総合センター紀要 > 第12号 >

視覚的支援を活用した算数科指導の実践研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
Jissen12_287.pdf4.01 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 視覚的支援を活用した算数科指導の実践研究
著者: 小﨑, 記子 / 笹山, 龍太郎 / 綿巻, 徹
著者(別表記) : 小崎, 記子
発行日: 2013年 3月20日
出版者: 長崎大学教育学部 附属教育実践総合センター
引用: 教育実践総合センター紀要, 12, pp.287-296; 2013
抄録: 小学校算数科の学習において文章題を解けるようになるには, 「式を導き出す」と「計算する」の2つの力が必要となる。しかし, 学習障害や算数障害などの児童は, 認知過程の発達の未熟さや認知方略の特性によって, 文章題の学習でつまずいてしまうことがある。本実践研究は, 継次処理対応, 同時処理対応, 支援なしの3種類のプリント課題を開発し, 通常学級に在籍する発達障害児に焦点をあてた個別指導を行い, プリントの裏面では文章題のイメージ化を図る課題を学級全体の児童を対象に行った。筆算指導及びイメージ化の指導に加え, 視覚教材を活用した単元指導を行い, 効果の拡大を図った。個別指導の問題のイメージ化では, 支援群及び通常群の児童の学習成績が向上し, 単元指導では要支援群及び支援群の児童の学習成績が向上し, 学力の二極化が緩和された。また, 指導後の質問紙には, 学習意欲の高まりを示す記述が綴られていた。終わりに, この個別指導と単元指導がそれぞれ学級のどの群の児童に効果があったのかを, 評価テストの結果から考察した。
キーワード: 小学校算数科 / 文章題 / 計算指導 / 学習意欲 / 学力向上
URI: http://hdl.handle.net/10069/31409
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第12号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31409

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace