DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第22号 >

活魚輸送に関する基礎的研究-1 : 麻酔剤と低温の魚類酸素消費量に及ぼす影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan22_057.pdf553.22 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 活魚輸送に関する基礎的研究-1 : 麻酔剤と低温の魚類酸素消費量に及ぼす影響
その他のタイトル: The Fundamental Experiments on the Transport of Live Fish―I The Effects of the Anesthetics and the Fall of Temperature on the Oxygen Consumption of Fish
著者: 田村, 修 / 塩崎, 晴朗 / 藤原, 清 / 平島, 豁
著者(別表記) : Tamura, Osamu / Shiozaki, Seiro / Fujiwara, Kiyoshi / Hirashima, Hiroshi
発行日: 1967年 3月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.22, pp.57-67; 1967
抄録: "Tests were performed for the effects of several kinds of anesthetics and the fall of temperature on the oxygen consumption of carp, gold fish and the others. The duration of the anesthesia of fish by tertiary amyl-alcohol was relatively longer than by the other anesthetic reagents tested. By using diluted solution of anesthetics, the volume of water in the transport of live fish can be reduced remarkably. For the purpose of reducing water in the transport of live fish, MS222, tertiary amyl-alcohol, paraldehyde and quinaldine are remarkably effetive, and the last three reagents are recommended from economical standpoint. The oxygen consumption of carp can be reduced to less than 40 percent by the joint use of anesthetics and the fall of temperature by 14℃. " / 淡水魚のコイ・金魚等につき,麻酔剤の効果特に酸素消費量の低減効果につき試験した. 1調べた範囲の麻酔剤中,第三級アミールアルコールは麻酔中の時間が他より長い 2麻酔剤使用により活魚輸送に使用する水量を相当節減できる 3輸送水量の節減には,MS222・第三級アミールアルコール・パラアルデヒド・キナルディンの低濃度が効果があるが,経済的には後の三者がよいと思われる 4麻酔剤と14°Cの温度低下を併用すれば,酸素消費量を初めの40%以下にまで低減できる
URI: http://hdl.handle.net/10069/31418
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第22号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31418

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace