DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 >

長崎大学言語教育研究センター紀要


第1号-第3号(2013-2015)まで「長崎大学言語教育研究センター紀要」
第4号(2016-)より、「長崎大学言語教育研究センター論集」に誌名変更

Contents(目次)

Logo
      
     

第1号 目次

創刊に寄せて
  稲田, 俊明
[1] -
持続時間の変化による意味の曖昧さの解消
  楊, 暁安; 高, 芳
1 - 15
タスクを中心とした英語コミュニケーション授業 ―学生の学習意欲を高める授業を目指して―
  ベー, シュウキー
17 - 24
Addressing the Speech Analyst's Dilemma - Towards the identification of clausal boundaries in emerging oral exchanges -
  Cutrone, Pino
25 - 46
長崎大学学生の英語力伸張に関する研究 ―1年間のG-TELPのデータから―
  小笠原, 真司
47 - 66
電子化教材が英語学習に及ぼす効果について
  西原, 俊明; 西原, 真弓; 井上, 憲司
67 - 74
CALL教材を使用した効果的な指導法の提案
  奥田, 阿子
75 - 84
事業報告

85 - 92
編集後記
  廣江, 顕
99 -

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace