DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第1号 >

Addressing the Speech Analyst's Dilemma - Towards the identification of clausal boundaries in emerging oral exchanges -


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS1_25.pdf185.77 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Addressing the Speech Analyst's Dilemma - Towards the identification of clausal boundaries in emerging oral exchanges -
著者: Cutrone, Pino
著者(別表記) : カトローニ, ピノ
発行日: 2013年 3月
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 1, pp.25-46; 2013
抄録: This article addresses a current issue in the field of conversation analysis. Presently, there is little consistency among researchers in the types of speech units used to analyze spoken discourse, which hinders the comparability and replication of findings across studies. This stems from the lack of transparency and authenticity in the literature regarding how speech units are defined and exemplified. Using the specific example of how the primary discourse context attracting backchannels in English, the clausal boundary, is identified in dynamic, emerging and spontaneous oral exchanges, this paper provides a comprehensive and replicable model for future studies to follow. Pedagogical implications are also briefly discussed. / この論文は、会話分析の分野において現在抱えている問題の一つを取り上げる。現在、研究者の間では、会話を分析するために使用されるスピーチの(構成)単位となるものに一貫性が見られない。そのために取り扱われる研究論文を比較したり利用したりするときの妨げとなっている。この問題は、取り上げられている文献のスピーチの(構成)単位がどのように定義され、またどのように実例として挙げられているのかという観点から見ると、透明性や真正性に欠けていることから生じていると思われる。人と人との会話は、必然的に次々と絶え間なく変化しながら繰り出される。従って、この論文では、backchannel(あいづち)を引き出そうとしている主たる話し手の具体例を挙げながら、その会話のやり取りの中での語と語、あるいは節と節の境界はどのように提示されているのかを明示する。この研究は、広範囲の明確なモデルを提示することを目指す。また、ここでは教授法に関しても論じる。
キーワード: conversation analysis / emerging speech / speech unit / backchannel / clausal boundary
URI: http://hdl.handle.net/10069/31447
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31447

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace