DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第15号 >

ホシハゼの生態・生活史


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan15_010.pdf1.89 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ホシハゼの生態・生活史
その他のタイトル: The Bionomics and Life History of the Eleotrid Fish, Asterropteryx semipunctatus RÜPPELL
著者: 道津, 喜衛 / 水戸, 敏
著者(別表記) : Dotu, Yosie / Mito, Satoshi
発行日: 1963年12月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.15, pp.10-16; 1963
抄録: Asterropteryx semipunctatus are small eleotrid goby, some 50mm in length (P1. 1: Figs. 1,2,3). They are widely distributed in warm waters of Indo-Pacific zone. In the Western Kyushu they were collected from tide pools situating at low level on the coasts of rock or coral reef (P1. I ; Fig. 4) , and they concealed themselves in clefts of rocks or reefs. The sex dimorphisms remarkably appeared in the first dorsal fin and genital. papilla. The number of ripe ovarian eggs, 0.25 to 0.3 in diameter, amounted to 5,377 in a 37 mm ripe female. The spawning season extended from May to August in the Western and Southern Kyushu. An egg mass which seemed to belong to one of the fish was deposited on under surface of a rather large stone lying in a tide pool on the rocky coast of Goto Isls. in the Western Kyushu. The egg 0.65mm in long axis and 0.4mm in short axis, was ellipsoidal and demersal adhesive one with a large pervitelline space and a bundle of adhesive filaments at the basal end (Fig. 1 : A, B, C). The newly hatched larva was 1.7mm in total length, and absorbed its yolk for one day at 29℃ (Fig. 1 : D, E). The post larva had never been collected, but it seemed to live a swimming life for 2 to 3 months in coastal waters as well as other larvae of gobioid fishes living in tide pools. The juvenile, over 8 mm in length, with large ventral and pectoral fins spreading laterally already entered into the life in tide pool (Fig. 2 A, B). The juvenile with a short and simple intestine fed on creeping Copepods (Harpacticoida), but the young and adult with long coiling intestines and comb-like tooth bands fed on epiphotic Diatoms, Cosinodiscus spp. (Fig. 3). The living fish seem to be available for fishing bait. / ホシハゼは印度,太平洋の暖海域各地に広く分布するカワアナゴ科の小型のハゼの1種であり,九州西,南部における採集によると岩礁おまび珊瑚礁海岸にある低位の潮溜り内に棲んでおり,岩および珊瑚の裂目に隠れて生活している. 2次性徴は第1背鰭および生殖孔突起などに現われる.成熟卵巣卵数は全長47mmの雌成魚で5,377を数えた. 九州西,南部における産卵期は5月から8月の間である.1954年8月16日,長崎県五島列島の岩礁海岸でホシハゼの卵群と思われる1卵鮮を採集した.この卵群は潮溜り内にあった石の下面に産み附けられていたものであり,卵は沈性附着卵で楕円体をなし,長径0.65mm,短径0.4mmの附着絲叢のある卵であった.この卵からふ化した仔魚は全長1.7mmであり,水温29℃でふ化後約1日で卵黄を吸収した. 後期仔魚はまだ採集されていないが潮溜り内では獲れていないことからみて潮溜り外の沿岸水域で浮游生活を送っているものと考えられる.例年8月になると九州西,南部の潮溜りには全長8mmを越える稚魚がすでに現われているが,それらの稚魚は潮溜り生活への適応形態と思われる大きく発達して左右に張り出した胸,腹両鰭を備えている.なお稚魚の腸管は短く,食性は動物食であるが,成長に伴つて腸管は長くなり,複雑な回転を示し,食性も有機分解物食から附着性硅藻食へと変る. 本種の利用法としては有用魚の釣漁の活餌として用うることが考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31617
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31617

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace