DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第15号 >

魚群探知機に現われた記録解析の試み―4 : D.S.L.とマグロ類の食物環境について(1)


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan15_059.pdf11.79 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 魚群探知機に現われた記録解析の試み―4 : D.S.L.とマグロ類の食物環境について(1)
その他のタイトル: Analysis of Fish Finder Records―IV.Report on the Deep Scattering Layers and Tuna Food (1)
著者: 柴田, 恵司
著者(別表記) : Shibata, Keishi
発行日: 1963年12月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告, v.15, pp.59-84; 1963
抄録: Since the deep scattering layers (DSLs) were at first recorded faintly by H.M.S. CHALLENGER'S echo sounder, it has, until now, beem an interesting matter for many marine scientists and fishermen. The author had some observations of DSLs in the southern area off Kyushu and the Philippine Sea by the fish finder, NEC 1620 type, and 6-feet Isaacs-Kidd midwater trawl (IKMT) net (see Fig. 1 and 3). All over the above mentioned area the DSLs showed remarkable diurnal migration and always there appeared, on echogram, thick lines near the surface during night and at about 400m or 700m depth during daytime, respectively, as shown in Fig. 2. As the DSLs usually moved up to about 100m depth one hour after sunset, the author carried out 20 hauls of 6-feet Isaacs-Kidd net (19h00m-20h00m; 15 hauls, daytime; 5 hauls) from 16th June to 11th July 1963 for collecting organisms of the DSLs. Beside this, the author carried out tuna longline 10 hauls to clarify the relation between tuna food and the net collection, but there was very little primary collection. The details of the catch with IKMT net are shown in Table 1 (number of catch per each haul) and, in Table 2 (the diurnal variation of catch) and organisms contained in tuna stomach are shown in Table 3. The ratio of IKM trawl catch of night to day per one hour hauling is 5.14. Composition of the catch with 1 meter ring net and Marutoku plankton net is shown in Tables 4 and 5. / 6ft Isaacs-Kidd midwater trawl netに依るDSLの調査と鮪延繩の漁獲物の胃内容を調査した結果次の事がいえる. 1) diurnal migrationを行うDSLは地域的に多少の組成の差はあっても,魚探記録から見ると可成り濃密に存在し(plankton密度1/100前後と推定),しかも平面的に連続して分布している.又組成の地域差については,更に水温垂直分布等も併せ研究されねばならない. 2) DSLを構成するものは,微小planktonのみではなく,「エビ」類,「沖アミ」類,「ハダカイワシ」,「クラゲ」類等のmegaloplanktonが混在しているものであろうと推定される. 3) 水温差によるDSLも間庭が行った実験では,28KCの場合明確な3℃以上の温度差を有する平面があれば出来ると結論しているが,海洋においては,水温差プラス生物層という現象の方が多いと考えられる. 4) Sergestes sp.は相模湾,駿河湾のみに漁場を形成するものでなく,少くなくとも此の海域から南にも漁場を形成する可能性があると想像される. 5) マグロ類は発光性の甲殼類を捕食しない習性を持っている様である. 6) マグロ類食性と,DSLとの相関を知るためには,マグロ類の食性のみでなく,捕食された生物の食性も充分研究すべきである. 7) DSLの層別の生物採集を行うためには更に強力なパワーを持つ魚探で昼間におけるDSLを測定しその層を曳網しなければならない. 8) 魚探による漁場の探索を行う場合,鮪類の密度のみでなくDSLの状態についても細い観察を行い,豊漁のindicatorとしてのDSLの型状の特性を発見しなければならない. 9) 海洋中には生物群がpatch状に分布していることは本調査から推察されるので,この漁獲の方法を含めた利用法の研究を進めることは,食糧供給源の確保という点からも有意義なことと考える.2)で述べた1/100のplankton密度のDSL中利用出来る大型生物をその1/100と仮定すると約1tonの漁獲をあげるために約104m3の海水を瀘過すればよいと考える. 10) MOOREが述べている様にDSLを構成する生物と鯨類の食性の比較から,その回游経路とDSLを構成する生物との関係を明らかに出来るかもしれない. 11) 本研究に使用した魚群探知幾はNEC 1620型13.5KCである.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31621
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/31621

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace