DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第8号 >

海中垂下飼育アサリの生殖巣の発育について


File Description SizeFormat
suisan08_202.pdf350.18 kBAdobe PDFView/Open

Title: 海中垂下飼育アサリの生殖巣の発育について
Other Titles: On Gonad Development of the Clam, Tapes japonica DESHAYES, cultured hanging in the Sea
Authors: 高, 良夫
Authors (alternative): Kô, Yoshio
Issue Date: 30-Nov-1959
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.8, pp.202-206; 1959
Abstract: 佐世保湾内でビニール被覆金網籠中に収容し海中に垂下飼育したアサリの生殖巣を組織切片により観察した,3回の垂下実験の結果を総合すると生殖巣は正常に発育し,1. 天然個体では夏季に生殖巣の休止期があり,7月,8月には成熟生殖細胞を有することが少ないが,同時期の垂下個体では多量の生殖細胞を有している。2. 天然では6月には生殖巣が休止状態にある個体が多いが,これを垂下して飼育すると急速な生殖細胞の生長が起る。3. 冬季には垂下個体の生殖巣も完全に休止状態となる。4. 然し夏季には多くの個体が休止期を経ぬ可能性が大きい。5. 天然個体に比べて各個体がより多量の産卵をなすと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10069/31861
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第8号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/31861

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace